トップページ | 良妻への長く険しい道のり »

2006年4月19日 (水)

「涙」 乃南アサ

涙 上巻   新潮文庫 の 9-15 Book 涙 上巻 新潮文庫 の 9-15

著者:乃南 アサ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涙 下巻   新潮文庫 の 9-16 Book 涙 下巻 新潮文庫 の 9-16

著者:乃南 アサ
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

お嬢様育ちの主人公の婚約者がある日突然「自分ことは忘れてくれ」という言葉を残して姿を消す。

残された彼女が知ったのは、婚約者(刑事)の先輩の娘の殺人容疑が彼にかかっていること。

戦後の昭和を描いたストーリーなので、少し遠く感じる描写もありますが、主人公が幸せな結婚の夢を打ち壊され、その理由を知りたいと自ら動く心情は、なんだか痛いくらいに伝わってきます。

いつ、どんな風に自分の足元が崩れ去るかわからない。

それがストーリーのすこかしこから滲み出てきて、読んでいて胸が詰まりそうになるくらいでした。

|

トップページ | 良妻への長く険しい道のり »

コメント

おおっ!こっちのブログも発見!

この本、読んでて本当に辛かったです。
だから、再読魔の私も再読していません。
だって、こんなに悲しくて理不尽なんて。。。
結局他の人と結婚して、幸せなんだけど、
でも、やっぱり辛い話ですよね。

投稿: みゆき | 2006年4月26日 (水) 13時42分

みゆきさん>
発見してくださってありがとうございます(笑)。
ほんと、このお話って苦しすぎますよね。
もっと年を重ねていろーーーーんなことを経たあとだとまた感じ方が違うのかもしれませんが、とりあえず当分再読は無理だな、って思う本でした。

投稿: もも | 2006年4月27日 (木) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/89180/1466033

この記事へのトラックバック一覧です: 「涙」 乃南アサ:

» そしてたまにはHな話もしたりしてww [奈保美]
いやらしい目で私を見てくれたほうが、こっちもいろいろと、教えがいがあるってものですww [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 10時19分

» 今はウーちゃんと一緒にいます。 [旦那様ゴメンナサイ・・・]
カワイイでしょ?いつもウーちゃんから元気をもらっているんです。でも、やっぱり体までは満たされない…。抱かれたい、激しく抱かれたいです。 [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 19時00分

» 「涙」乃南アサ [つれづれっぽく読書雑記~気ままにブックレビュー]
 昭和39年秋、東京オリンピックを目前に、婚約者の刑事が失踪した。  彼の同僚... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 15時02分

トップページ | 良妻への長く険しい道のり »